日々叫びたいこと・気づいたことをかく


by momonga181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

救急搬送の問題

事件発覚後、どうもこの一件からマスコミなどは何を結論ずけたいのかわかりません。
先生をせめてもまったく解決になるとは思えません。
新聞等ではたらい回しなどと表現されていますが、それではあまりにも医療現場の現状を無視しているとしかいえないのでは?と思います。たらいまわしではなく、受け入れしたくてもできない(すべての病院がそうであるかはわかりませんが)のが現状ではないのでしょうか。



私は仕事上 医療機関へ訪問しておりますが、こんな話はもう数年前から現場の先生方からは言われていることですし、現実に産科の閉鎖された病院、分娩を取りやめた病院・医院も多数あり、小児科の先生が休み時間には疲れ果てて寝ている姿も見たことがあります。アー
意の毒だなーと声をかけるのもつらいと思ったこともあります。

今回の件は決して、新しいことではなく、都内でも十分起こりえた話ですし、ましてや地方では奈良県の一件を持ち出すまでもなく、どの県でももしかしたら起こりうるもしくはすでに起こっていること(表に出ないだけ)と想像できます。今回は都心で総合周産期センターでのできごとであったからクローズアップされただけでしょう。

thunderball-01先生のブログにありますように、解決策としては即効性があるのはマンパワー満たすことつまりはやはり給与面で優遇することで医師数を増やすことがまず一番とおもいます。人手が足りないから受け入れ拒否もおこるのですから。(公立病院は本当に給料が安いと聞いたことがあります。サラリーマンのほうがよっぽどいいよと聞いたこともあります。)

 また行政サイドとしても、産科の医師を集約化しお産をある程度集約化していくシステムも一方で進めなくては医師が高給であっても、増えない場合もありえます。(とくに産科は訴訟が多いので敬遠されるときいたことあり)
はっきりとした政策を打ち出さないと、このままではなにも変わらないでしょう。

大事なのは患者の側もいまの医療の事情やdrのがんばり(がんばらない医者もいるかもしれませんが)を少しは理解した上で、勝手に取られる税金をどこに回すのか。。。ついては医療は特に自分たちの命に直結するのですからわかりやすいとかんがえたりました。

報道は半分責任追求だけを面白がっているように見えますが。。(大臣と知事がけんかしてる場合か。)いまの産科・小児科医療の現状を本当に調べれば違った見方もあるのでは???自分の家族が今回の妊婦さんおよび家族の立場であればどうなのでしょう。

今回の妊婦さんのご冥福と生まれたお子様の幸福を祈るばかりです。
[PR]
by momonga181 | 2008-10-26 01:08 | 考え

日本ではありえないねー

Excite エキサイト : 国際ニュース

共和党のパウエル元国務長官さんがオバマ大統領民主党候補を支持するとは。。。
ちょっと驚きますわな。日本で自民党の大臣経験者が民主党の小沢さん支持してるイメージでしょうか。(比ゆが間違ってるかもね)

アメリカではこれってOKなのでしょうか。何か法律案などの施策については党議拘束がないって聞いたことが有りますが。同じアフロアメリカンとしての支持なんでしょうか。

やっぱりパウエルさんって、ブッシュと仲わるかったんでしょうね。。。。

でもどうもシックリきません。結構この支持は記事どおり、結構大統領選に影響するんでしょうか。アメリカ在住の方、教えてくださいな。(誰も読んでないかな)
[PR]
by momonga181 | 2008-10-20 00:19 | 考え